コアラの放浪日記

旅行とグルメ

スポンサーリンク

ヨーロッパ旅行3日目 ローマ ~ バチカン市国 ~ ローマ

コロッセオ

f:id:koalas:20150520200555j:plain

中に入れるツアーでは無かった為、バスから降りて外観を見て周るだけでした。いつか機会があれば中にも入ってみたいです。

外壁に触って記念撮影している人がいたので、真似をして記念撮影しました。

 

どこに行ってもそうですが、ここにも定番のスリがいました。

バスを降りて1分もしない内に遭遇したのは小さい子どものスリ集団です。

紙を持ってサインを書いてくれみたいな感じで近づいてきます。

紙を受け取るとその下から手を伸ばしてスリをするのが手口みたいです。

見た目はかわいらしい子ども達なのですがプロのスリなので要注意とのことでした。

 

サン・ピエトロ大聖堂

f:id:koalas:20150520202632j:plain

世界最小の独立国「バチカン市国」にあります。

統治者はローマ教皇です。

入国にパスポートは不要でした。

 

外の柱は手前・中・奥と何本もあるのにある箇所から見ると見回しても1本ずつしかないように見えて、どうやって作ったのか不思議でした。

 

 

中に展示されている美術品は大きさもすごいのですが、言葉を失うぐらいの存在感がありました。

f:id:koalas:20150520205258j:plain

 

窓一つでも、光が特定の場所を照らすように計算されていたりと一つ一つのこだわりがすごいです。

f:id:koalas:20150520205424j:plain

 

外に出ると直立不動の兵士さんがいて、その兵士さんの前で同じポーズをして写真を撮るスポットになっていました。

f:id:koalas:20150520205621j:plain

神聖な場所だから不届き者(スリ)は目立ちませんでした。 

 

 

トレビの泉

f:id:koalas:20150520205731j:plain

 後ろ向きでコインを投げると願いが叶うという泉です。

コイン1枚で再びローマに帰って来れる。

コイン2枚で大切な人とずっと一緒にいることができる。

コイン3枚で恋人・夫婦が別れることができる。

正確には覚えていませんが、私達夫婦は一緒に再びローマに来れるようコイン1枚を投げたのではないかと思います。

 

ローマの休日な観光名所なだけあって、すごく混雑しています。

そんな所だけあってスリも多いとのこと。

確実なスリは分かりませんでしたが、近づいてくるものは全て怪しく見えた為、荷物管理をしっかりして観光しました。

 

 

スペイン広場

f:id:koalas:20150520210910j:plain

トレビの泉から徒歩で来れます。

お洒落な町並みを楽しみながら行きました。

こちらもローマの休日な観光名所です。

観たことはないですが、取り敢えず座って記念撮影はしてきました。

 

ここでは子どもを肩車したおじさんが話しかけてきました。

何を言っているのかは分からなかったですが、通り過ぎる人に情に訴えて、お金を要求しているような感じでした。

話しかけられて驚いてビクッとしたら、予想外の反応だったのか肩車おじさんの方が更にビクッとしていました。

 

イタリアをしっかり堪能して、翌朝フランスへ発ちました。

スポンサーリンク

「コアラの放浪日記」はGoogle Adsenseを広告として使用しています。Google Adsenseはデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用して広告配信をしています。Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。情報提供を望まない場合は、Googleのポリシーと原則のページより、Cookieオプションを使用しないように設定することができます。

「コアラの放浪日記」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

「コアラの放浪日記」はrakuten.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、楽天アフィリエイト・プログラムの参加者です。